お役立ち情報|暮らしの独り言ポータルサイト

暮らしの独り言ポータルサイト
お役立ち情報
お役立ち

先ほど日本国首相がTPPへ交渉参加を決めました。おなじ党内でも反対派多数です。
果たして、農作物を聖域にすることが本当にできるのでしょうか?「私を信じてほしい」というせりふ、もはや国民は聞き飽きたのではないでしょうか。政治家のトラストミーほど信じられないものはありません。日本の農業にとっては深刻な問題です。政府の試算によれば、仮に聖域を作らない場合、砂糖などは日本製は絶滅の危機だそうです。つまり沖縄の離島からサトウキビ畑が消えるということです。TPP参加は時流上、避けられない選択であると認識しています。そもそも、いまだって海外から農作物が輸入されなくなったら、日々の食べられるものといったら、米、芋、ぐらいだっていいますし。

それが、他国と戦争でも使用ものなら米だって食べれなくなるってことです。日本を滅ぼそうと思えば、日本の海空を封鎖したら、餓死して終わりってことです。
世界に食料をこれ以上握られてしまったら、有事の際は、こういうことなのです。農業就職者の指示を得ている与党一派は目先の票しか考えていないでしょうが、これ以上の日本の農業の衰退は日本国民の将来の餓死を意味するでしょう。
ただ、私のかってな目測では、個人経営の農家は衰退して、それらをまとめて回答大地主が現れ、まとめて効率的な農業をするようになるのでは、ということです。農家のサラリーマン化ですね。そしてちょっと高いけど日本産の安心安全なお米として売り出せば、まだまだなんとかなると信じています。